カーナベル株式会社

藤塚係長

あなたの役割は?

私は新規事業であるトレカ売買に特化したフリマアプリの企画仕様責任者を担当しています。
目標は市場の8割、800億円の流通を獲得すること。正直生半可なものではありません。
この目標を達成するために、既存のフリマアプリでトレカ売買をする際の課題を洗い出し、徹底的に解決策を講じること。そしてもっと使いやすいサービスを追求すること。
それが僕の役割です。
そうして企画をしていくと、これまで世の中に無かったアイデアが自然と生まれてきます。
このアプリは今年公開予定です。正直成功するイメージしかありません。
早くお客さんに公開して、反応が見たい!

カーナベルの良いところは?

【面白さのスペシャリストになれる】
カーナベルのサイトを初めて見た時「うぉっ、ここ本当に通販サイトか!?」とびっくり。
なんたって、普通はない面白機能が盛りだくさん。
さらに採用情報を見ると、「これから新規事業もドンドン展開します」と。
ここならば面白いこと思いついたら「よし、やってみろ!」と言ってもらえる風土があるに違いない。
そうして僕は一旗あげるためにカーナベルへの入社を決意したのです。

カーナベルの欠点・弱点は?

良くも悪くも、【皆が本音をぶつけてくるところ】
いつもと違うヘアスタイルを試し、ウキウキで出社したところ
「パイナップルみたいで変だぞ」「寝癖っぽく見える」とダメ出し、
「そこはお世辞でもほめてくれよ・・・」とちょっとヘコみました。笑
入社して最初は特に驚くかもしれません。
ただ、だからこそ改善も早くでき、後で「良くなったぞ!」と褒められると喜びも一入です。

カーナベルで成長したことは?

「俺、お前と仲良くなる気ないから」
入社して1ヶ月ころ、ふとしたきっかけから同期は僕にこう言い放ちました。
「ま、まじかよ。」
これまでの僕だと、これっきり疎遠になるか、表面上を取り繕って仲良くするかのどちらか。しかし、そこはカーナベル「お前たち、心の交流しっかりしろ」と。
「なにが気に食わなかったんだ」「僕もお前に言いたいことがある!」と正面から心をぶつけ合いました。
すると、お互いしょーもないところで意地をはっていただけ、「え、たいしたことなくね?」
以来、休日にはテニスや格ゲー、仕事中ではどんなことも任せられ、また本音を気兼ねなく伝えられるように。すっげーやりやすい!
「本当の仲間」になるには心を開き交流すること。僕がカーナベルで学んだ一番大事なことです。

趣味は?

絵本を集めることが趣味です。
特に頭をカラッポにして読める展開が意味不明なタイプが好きですね。
オススメは「ぶたのたね」と「キャベツくんシリーズ」です。
こういったところから企画の発想を得たり、得なかったり…。
あとは旅行が趣味で、今年の目標は世界遺産を8つ以上まわることです♪